ピック病とは

スポンサードリンク

ピック病とは

ピック病はドイツ人大学精神科教授の名前から付けられました。アーノルド・ピックと言う人物です。ピック病は前頭側頭葉変性症とも言い、若年認知症の1つです。

 

大脳の中でも、思考や意思に関わっているのが前頭葉です。言語の記憶や理解力に関わっているのが側頭葉です。

 

特異的な萎縮と、神経細胞内に病変のピック球が出現します。比較的40歳〜60歳で男女共に発症する事が分かっています。

 

患者数は日本では約1万人強が報告されています。発症の確率は、アルツハイマー症の3分の1と言われています。或いは10分の1と言う報告もなされています。

 

これとした具体的な治療法が確立されていません。その為、正確に判断や診断出来る医師が不足しています。国際的な共通の判断基準もありません。

 

アルツハイマー病や他の疾患と誤診される場合もあります。そんな理由から、ピック病は発症の確率に一貫性がないのかもしれません。それも仕方が無い事だと言えます。

 

大黒柱のピック病の発症は、生活の基盤を揺るがします。その上、大切な家族を路頭に迷わしてしまいます。

 

それ程、大きな影響を与える結果となってしまうのです。ピック病は働き盛りの年代を病魔が襲う所に大きな理由があります。万引きや無銭飲食、破廉恥な行為などが頻繁に報道されます。

 

社会的な地位や分別ある筈の、中年の男性や女性です。一連の犯罪や反社会的な行動を犯してしまうのです。

 

中には、このピック病が引き金となったケースもあります。又、その疑いがある事も否めない事実です。

 

しかし、疾患への人々の誤解や偏見が強く、理解されません。この様な厳しい現実が背景にあります。

 

失職や失脚に繋がる深刻な状況を生み出しているのです。その為に、患者やその家族を苦境に追い込んでいます。

スポンサードリンク

更新履歴